青汁の栄養価について

青汁は栄養価が高く、野菜不足に効果的で健康にいい飲み物というイメージを持つ人は多いでしょう。
しかし、実際にどのような栄養価が含まれているのかは、知らないのではないでしょうか?
なので、栄養価の詳細について紹介していきます。

青汁の栄養価について

主成分がケールの場合、ケールはビタミン、ミネラルの含有量は野菜の中でもトップクラスです。
栄養バランスがよく、ルティンやメラトニンなどの成分も摂取できます。
主成分が大麦若葉の場合、ビタミンK、ビタミンC、ミネラル、アミノ酸、鉄分、食物繊維、カルシウムなどの成分が摂取できます。
さらに注目して欲しいのは、SOD酵素と呼ばれる成分で、抗酸化作用の働きでアンチエイジング効果や生活習慣病の予防に効果があるため、非常に栄養価として優れている原料だと言えるでしょう。
主成分が明日葉の場合、特にビタミンB1、ビタミンB2が豊富で、美肌効果が期待できます。
また明日葉で特に注目されているのは、カルコン・クマリンと呼ばれる成分で、抗酸化作用と抗炎症作用があります。
抗炎症作用の働きにより、花粉症などのアレルギー症状が改善されます。

青汁で栄養価を摂取するメリット

主成分だけ見ても、非常に身体にいい栄養素が含まれ、栄養価が高い事を理解してもらえたと思います。
ただ、栄養素を摂取するだけなら、サプリメントでも摂取できると思うかもしれません。
ですが、サプリメントよりも優れている点は、単品の栄養素ではなく、ビタミンやミネラルを中心に身体に必要な栄養素をバランスよく摂取できるという点です。
そして栄養素の特徴として、単品でバラバラに摂取するよりも、まとめて摂取する方が相乗効果でより、栄養価が高まるという点です。
また栄養バランスの取れた食事を心がけていても、食事だけでは全ての栄養をを摂取するのは難しいと言われています。
しかし、それをコップ1杯飲むだけで、野菜不足や、足りない栄養素を補う事ができます。

青汁との食べ合わせのいい食材

青汁とは、それだけで栄養価が高く、栄養バランスに優れた商品である事に間違いありません。
ですが、1日1杯飲めば、それ以外の食生活はファーストフードでも、カップル―ドルでも構わないという意味ではありません。
では、それ以外の食生活では、食べ合わせを考慮して、どのような食材を食べればいいのでしょうか?

青汁と食べ合わせのいい食材

まず原料が栄養価の高い野菜なので、野菜不足はかなり補う事が可能です。
ですが、原料をみれば、ビタミンやミネラル、食物繊維などは豊富ですが、タンパク質は含まれていません。
なので、食事でタンパク質を摂取する事で、より栄養のバランスがよくあると言えるでしょう。
タンパク質が豊富な食材は、肉、魚、卵、乳製品、大豆などです。
そのため、粉末タイプを水で溶くのではなく、牛乳で溶くと乳製品が、豆乳で溶くと大豆製品が同時に摂取できるので、非常に相乗効果が期待できる飲み方だと言えるでしょう。
また食物繊維は豊富ですが、乳酸菌やオリゴ糖は含まれていません。
そこで、乳酸菌やオリゴ糖が豊富な食材、ヨーグルト、ハチミツ、バナナ、きな粉を摂取すると腸内環境は大幅に改善されると言えるでしょう。

吸収を高める食材

また青汁にはミネラルやビタミンAが豊富に含まれていますが、ミネラルはビタミンCの働きによって吸収が高まります。
ビタミンCが豊富に含まれる食材は、レモンなどの柑橘系の果物です。
ビタミンAは、脂溶性なので、油と一緒に摂取すると、吸収率が高まります。
しかし、粉末を油に溶かして飲むわけにはきません。
なので、粉末を料理に加えるといいでしょう。
例えば中華料理のチンジャオロースや、チャーハンなどの炒め料理に粉末をパウダー代わりに調理して下さい。
食べ合わせも考慮する事で、効率よく栄養を摂取できるようになり、より美容、健康効果が実感できるようになるでしょう。
食べ合わせのいい食材を紹介しましたが、逆に食べ合わせの悪い食材もあるので、キチンと把握しておきましょう。